居場所の大切さと定義

居場所ってとても大切ですよね。人によっては生きる意味であり、生きる希望でもあります。そんな居場所ですが、一言で定義しろと言われるとなかなか難しいです。なぜ居場所は定義することが難しいのか、そして居場所とは一体何なのかを考えていきます。

居場所とは

居場所はとても抽象的な表現のため、深く考えることを避けられがちです。では、

「あなたの考える居場所ってどんな感じ?」

もしもあなたがこのような質問をされたら、どのように答えるでしょうか。

おそらく「自然に笑顔になれる場所」や「自分の存在を認めてくれる場所」など、人によって様々な答えが返ってきます。実際に聞くと、自分とは大きく違った考え方の人や、中にはユニークな考え方をする人もいます。

実は居場所は人の価値観の数だけ存在していています特定の考え方を押し付けてしまっては正しい居場所とは言えないのです。

人は当然、理由があって居場所を求めます。人が居場所を求める理由、それは自分自身を守るためです。先に述べた通り、人によって居場所は生きる理由、生きる希望でもあります。もし居場所を感じることができなければ、精神的に病んだり、最悪の場合は自ら命を絶ってしまいます。

居場所を感じられない人は自分の悩みやストレスを誰にも相談できず、全て一人で抱え込んでしまいます。人は大きな悩みを一人で抱え込めるほど強くはないため、居場所を確保することが自分を守ることに繋がります

居場所の定義

実は文部科学省が居場所とは何かを言葉で示してくれています。

安心できる、自己存在感や充実感を感じられる場所

この表現方法はとてもしっくりきますよね。

ですが居場所を考える上で何より重要なのは、個人個人の価値観です。文部科学省のそれは、あくまで居場所の概念化です。居場所の定義ということでは、もっと具体化していくことでようやく意味をもちます。

では結局、居場所の定義とは何なのか?それは、インターネットのどこを探しても見つかることはありません。答えはあなたの心の中にあります。あなたの大事にしたい考え方が凝縮されたものがあなたにとっての居場所の定義です。

自分の考える居場所を把握できれば、今までとは違った新たな人生をスタートするきっかけになることでしょう。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
学生団体SMILEは運営を一緒にしてくれる仲間、活動に共感してくれるサポーターを募集しています!
(詳細はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です