映画「グレイテスト・ショーマン」から学ぶ居場所

みなさんは「グレーテスト・ショーマン」という映画をご存知ですか?

2017年に公開されたミュージカル映画で、サーカス創設者のお話です。出演者はとても豪華で、ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ゼンデイヤなどが出演しています。

後存知の方も多いとは思いますが、サーカスというのはもともと奇形に生まれた人たちを見世物としていて、今のそれとは大きく違います。当時は人種差別などの様々な偏見がまだ根強く残り、その中に彼らも含まれていました。彼らの多くが自分に対して自信を失い、生きる希望を失っていたところにやって来たのが、この映画の主人公であるバーナムです。彼は小人症の男、大男、髭の濃い女、全身刺青の男、結合双生児の兄弟など、世間から隠れるようにして生きていた様々な人を集め、見世物小屋のサーカスを始めました。最初の頃はバーナムにとって彼らはただの商売道具にしかすぎず、さらに世間からはサーカスへの抗議活動が相次ぎ、その状況に彼らは失望し困惑していました。しかし次第に、バーナム自身や世間の人々の考え方が変わり始め、サーカス団のメンバーは以前には存在し得なかった居場所というものを手にしていき、自分たちの本当の価値を見つける、というお話です。

ざっくりと映画の内容を説明しましたが、いかかだったでしょうか?エンターテイメントとしても面白く、さらにメッセージ性もとても強い映画となっていたので、ぜひおすすめします!(過去に250本以上の映画を見ている私が言うのだから間違いありません!)

最初にも述べましたが、この映画はミュージカルです。映画の途中で歌が流れるのですが、その歌がとても良いんです!全て紹介したいのですが、ここでは一曲だけ紹介させていただきます。「This is Me」と言う曲で、映画の中に出てくる髭の濃い女性が自分の心情を綴る歌です。とても力強く元気をもらえる曲なので、ぜひお聞きください!

This is Me

I’m not a stranger to the dark
私は暗闇には慣れているわ
Hide away, they say
隠れてろ、人々は言うの
‘Cause we don’t want your broken parts
私の壊れた部品はいらないって
I’ve learned to be ashamed of all my scars
私は自分の欠点を恥じてきたわ
Run away, they say
どっか行け、人々は言うの
No one will love you as you are
誰もありのままのお前のことなんか愛さない、と

 

But I won’t let them break me down to dust
でも私は誰にもゴミ扱いさせないわ
I know that there’s a place for us
だって居場所がある事を知っているもの
For we are glorious
私たちが輝ける場所を

 

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる
I am brave, I am bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられた者
I am who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ

 

Look out ‘cause here I come
気をつけなさい、私が行くわよ
And I’m marching on to the beat I drum
自分で叩くビートにのって進むの
I’m not scared to be seen
見られることは恐れない
I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの

 

Another round of bullets hits my skin
無数の弾丸が私の肌に当たる
Well, fire away
えぇ、撃てばいいわ
‘cause today, I won’t let the shame sink in
今日は、恥ずかしさに落ち込んだりしないもの
We are bursting through the barricades
バリケードを突き進んで
And reaching for the sun (we are warriors)
そして太陽に手を伸ばすのよ(私たちは戦士よ)
Yeah, that’s what we’ve become
えぇ、これが私たちにふさわしい姿よ

 

Won’t let them break me down to dust
私をゴミのように扱わさせないわ
I know that there’s a place for us
だって私たちの居場所を知っているもの
For we are glorious
私たちが輝ける場所を

 

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる
I am brave, I am bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられた者
I am who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ

 

Look out ‘cause here I come
気をつけなさい、私が行くわよ
And I’m marching on to the beat I drum
自分で叩くビートにのって進むの
I’m not scared to be seen
見られることは恐れない
I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの

…This is me
…これが私よ

 

And I know that I deserve your love
私は愛される価値があることを知っている
There’s nothing I’m not worthy of
私にふさわしくないものなんて何もないのよ

 

When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても
I’m gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる
This is brave, This is bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられたわ
This is who I’m meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ

 

Look out ‘cause here I come
(look out ‘cause here I come)

気をつけなさい、私が行くわよ
And I’m marching on to the beat I drum
(marching on, marching, marching on)

自分で叩くビートにのって進むの
I’m not scared to be seen
見られることは恐れない
I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの

 

I’m gonna send a flood
洪水をおこして
Gonna drown them out
溺れさせてあげるわ
(…this is me)
これが私よ

こちらも「グレーテスト・ショーマン」に関する記事です。ぜひお読みください!


最後まで読んでいただきありがとうございました。
学生団体SMILEは運営を一緒にしてくれる仲間、活動に共感してくれるサポーターを募集しています!
(詳細はこちら

Follow me!

映画「グレイテスト・ショーマン」から学ぶ居場所” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です